GH5SとGH5の性能比較 GH5Sを買うべきか?|LUMIX GH5S 評価ブログ

GH5SとGH5の性能比較 GH5Sを買うべきか?

GH5SとGH5の性能比較 GH5Sを買うべきか?

GH5S

LUMIX GH5SとGH5の外見上で比較すると、ロゴが違う程度でほとんど変わりません。

 

重さはGH5Sの方が軽いようですが、こちらも目隠ししてボディを持ってみてもわからないかも知れません。
一方でボティの内部では撮像素子の画素数や、対応するISO感度等々相当違います。

 

そしてGH5SはGH5と名称はよく似ていますが、狙っているユーザー層に違いがあるようで、GH5Sの方がプロ好みの感があります。

 

ではどんなユーザーがGH5を買うべきか?ここで良く調べてみます。
GH5SとGH5のどちらを購入するか迷っている方はもしかしするとGH5でも十分であるかもしれませんよ。

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5S ボディ ブラック DC-GH5S-K

 

 

この動画は、カズチャンネルさんがGH5Sのレビューをしてくれています。
動画8分13秒以降でGH5とGH5Sでピントや高感度の比較をしてくれているので参考になります。ぜひ視聴してみて下さい。

 

GH5とGH5Sの仕様比較で大きく変わるところをピックアップ!

GH5S GH5
解像度:1028万画素 解像度:2033万画素
最大ISO感度:ISO51200・拡張時は最高ISO204800 最大ISO感度:ISO25600
C4K/60P 4K/60P
ボディ内手振れ補正なし ボディ内5軸手振れ補正搭載
人体認識AF制御あり 人体認識AF制御なし

オートフォーカスの合焦スピードが上がったGH5S

先ほど紹介したKazuさんの動画でも分かるように、GH5SのほうがGH5に比べてAFの合焦スピードが明らかに速くなっています。

GH5SのAFシステム

出典:特長|高性能AF/高速連写|Panasonic GH5S 公式

GH5とGH5Sはともに位相差AFとコントラストAFを併用したフォーカスシステムとなっており、測距点はどちらも225点でまったく同じAFシステムとなっています。
それなのにどうしてAFの合焦スピードがGH5Sのほうが高速なのか不思議でした。

 

感度耐性に優れたGH5SではISO感度を上げることでコントラストAFがGH5よりも高い精度になるだろうとは予想できますが、同じぐらいの露出設定でGH5Sのほうが良いのは謎です。

 

それでよくよく調べてみますとGH5Sにのみ「ディープラーニング技術(AI)による人体認識」が出来るようになっているようですね。

 

参考:進化した空間認識AFにより、動く被写体の捕捉性能を革新的に向上

GH5SのAF合焦スピードが速いのは人物だけかどうかは実機を使ってさらに比較してみたいところですが、GH5Sのほうがオートフォーカスが優れているのは確かです。

 

高感度ISO撮影に強いGH5S

GH5 vs GH5S

出典:https://camerasize.com/

 

LUMIX GH5SとGH5の大きな違いは、撮像素子の画素数がGH5Sが約1100万で、GH5が約2100万というところです。

 

GH5Sは撮像素子の画素数を、シネマ4K動画に対応できる約1100万画素に抑えた代わりに、1画素あたりの面積を広くして捉えられる光量を増やしています。

 

こうすることで解像度は多少犠牲になっても、光量が不足気味の条件でも質の高い画像や動画撮影を可能にしています。
なお解像度を犠牲にした結果、6K動画とかには対応していません。

 

撮影した写真を大きく拡大してプリントアウトするような写真家にとってはこの画素数ではドットが目立つのでGH5Sを選べないかもしれません。

 

しかし約1100万画素といいますと、35mmフィルムカメラの解像度に近いと言われており、業務用のビデオカメラでは1100万画素以下のイメージセンサーもまだ現役です。
動画だけで考えると実は1100万画素は必要十分と言われています。

 

その他にGH5Sは、ISO感度関連の電気回路を2つ持つデュアルネイティブISO技術をGH5Sは採用しています。
これは低感度ISO用の回路と高感度ISO用の回路を使い分けることで、特に高感度ISO撮影での描画性能が高くなっているそうです。

 

また、GH5Sでは光量不足でもよりオートフォーカスが作動できるように、測距輝度範囲がEV-5-18とGH5のEV-4-18より広げてあります。
オートフォーカスについては、GH5SはAI技術を導入していますので、よりピント合わせが楽になっていると言われています。

全般的なGH5SとGH5の比較。そして欠点も

 

アスペクト比というのがありますが、画像の縦横の比のことで、撮像素子は4:3ですから基本的に画像はこのアスペクト比になります。

 

ところがGH5Sはマルチアスペクトセンサーと言う機能を備えていて、4:3以外の3:2とか16:9などのアスペクト比の画像あるいは動画が撮れます。
これは撮像素子を少し余裕のある広さにして、実現しているようです。

 

動画撮影では、GH5が4K/60pとシネマ4K/24pまででしたが、GH5Sは4K/60pとシネマ4K/60pまで性能が上がっています。

 

V-Logの使用に関しては、GH5はオプションで追加料金が必要でしたが、GH5Sは、はじめからついています。
上級アマチュアやプロがよく使うRAW形式での保存ですが、GH5Sは14bitのRAW形式で撮影データを保存できます。

 

それからGH5Sでは、光量の少ない場所で感度を上げて被写体を確認しやすくするライブブースト機能や、同様に暗いところでファインダーやモニター表示を赤くして撮影しやすくするナイトモード機能も搭載されています。

 

1つ面白いのは、GH5Sは手ブレ補正機能をなくしてしまったことです。
そのためGH5Sでクオリティの高い動画を撮影するためには映像用の三脚や電動ジンバル、ステディカムが必要になります。

 

これだと初心者は二の足を踏むかも知れませんが、それはPanasonicの狙いの1つで、最初から撮影技術や知識のない人はお断りと言いたいのかもしれません。

 

GH5SとGH5の性能比較 GH5Sを買うべきか?まとめ

 

GH5とGH5Sは似たような名前ではありますが、LUMIXは動画に自信がある人用にGH5Sを作ったような気がします。

 

LUMIX GH5S、GH5を比較してみると、いずれも動画撮影を得意としていますが、それは時間制限のない動画撮影ができることからも知れるでしょう。

 

ところがスペックを比較するにつれ、GH5Sの方がより動画専門家向けというような感じを受けますし、あるいは動画で収入を得ている人向けと言っても過言ではありません。

 

そのため、名前が似ているからといって同じようなカメラではないと考えても良いでしょう。

 

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5S ボディ ブラック DC-GH5S-K

 

GH5SのほうがAF合焦速度が速い

5軸手ブレ補正がないのでハンディ撮影は難しい

動画を生業としている人向けのカメラと言える

その他の販売店の価格を調べる

カメラのキタムラ

ヤマダウェブコム

カカクコム

参考になるレビュー記事や動画

フォトスク

PRONEWS

gyueenの動チェク!

 
トップへ戻る