GH5とGH4の違いを検証 実はそんなに変わらない?

GH5とGH4の違いを検証 実はそんなに変わらない?

GH5とGH4の違いを検証 実はそんなに変わらない?

2017年4月、GH5が発売開始した。

 

これまでGH4を使用してきたユーザーは3年ぶりのモデル更新になるGH5が欲しくてたまらないだろう。

 

さて、GH5はGH4からどのぐらい進化したのだろうか?

 

初回生産台数は予約で完売し、しばらく入手困難になっていたGH5だが、手に入れたユーザーの中には「慌てて買うこともなかったかも」という言葉もある。

 

GH5発売前には10万円以下にまで値下がりした前モデルのGH4が、再び人気を取り戻しているのは性能がほとんど変わらないからなのか?

 

ここではGH5とGH4の違いを詳しく解説しよう。

 

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5 レンズキット

この動画はユーチューバーのアンソニーさんが2014年GH4を購入時にGH4の弱点をまとめてくれている動画だ。

 

GH4の特長が良くわかる動画になっているのでぜひ視聴してみよう。

 

さてGH5はGH4の欠点を改善しているのだろうか?

 

4Kムービーが目立つ機能だが、それはGH4にも搭載していたし他社のカメラでも4Kムービー機能は搭載しつつある。

 

できればGH4で不満だった点を改善してほしいところだ。

 

GH4とGH5のボディサイズや外観の違い

 

GH5、GH4

GH5とGH4の外観は、あまり違いはないが、GH5の方が若干大きく重さも160g程度重くなった。

 

そして、GH4は防塵防滴のボディ構造だったが、GH5もそれを引き継いでいて、さらにマイナス10度までという極寒での動作が保証されるようになった。

 

GH5

 

その他には、GH5はAFで被写体内のピントを合わせたい部分を指定するのに便利なジョイスティックが付け加えられている。

 

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH4 レンズキット

 

GH5

デジタルカメラでは、メモリーカードに撮影データを記録するのが普通だが、GH4ではカードスロットが1つだった。
一方GH5には2つのカードスロットが付いている。

XLR端子のマイクが使えるようになったGH5

 

GHシリーズは、静止画ばかりでなく動画撮影もできる。
そのため音声録音をするために内蔵マイクロフォン以外あるいは外部マイクロフォンが使える。

 

外部マイクロフォン

 

GH4では外部マイク端子が用意され、ピンジャックで接続するようになっていたのだが、GH5では外部マイクロフォンとしてXLR端子のものが使えるようになっている。

 

一眼カメラは音の収録においてビデオカメラにかなわなかったのだが、GH5では業務用のビデオカメラとまったく変わらない性能を持ったと言える。

 

GH5

 

その他にはGH5のボディ前面マウント部分のわきに、絞り込みプレービューボタンが加わった。
このボタンを押すことで、被写体深度等の確認をファインダーあるいは液晶モニターで直接確認できる。

 

GH5になってなくなった機能・装備

 

一方でGH5になってなくなったものもある。
それはGH4にあった内蔵フラッシュで、GH5では省略されている。

 

カメラ性能の改善点

では次にGH4とGH5のカメラとして性能の違いを見てみよう。

 

最初にあげたいのは、動画撮影についてだ。

 

GH4では4K動画が30pでしか撮影できなかったが、GH5では同じ4K動画を60pで撮影できるようになった。

 

そして、GH5では画像センサーの全ての領域を使って動画撮影ができるように改良されている。

 

これらについてはそもそも4Kの撮影をしても編集ができないという理由で撮影していなかった方にはあまり重要でない点でもあった。

 

しかし撮影時間に制限があったGH4だが、GH5での動画の撮影時間は、バッテリーの持ちとメモリーカードの記憶容量に依存するだけで原理的に時間制限はない。

 

この点は多くのビデオグラファーにとって嬉しい点だろう。

 

GH4はAFが弱かったけど、GH5はどうなった?

 

もう1つGH5には4K PHOTOと6K PHOTOという連射機能が追加されている。
これは、連写で撮影したデータの中から、どの部分でも1枚の静止画に変換できる機能で画像修正も可能だ。

 

GH5になって多くの機能が付け加えられたが、画像センサーもGH4の約1600万画素からGH5では約2000万画素に変えられている。

 

最後にGH5ではGH4からオートフォーカスが改善された。

画像はPanasonic公式HP:GH5の高性能AFから引用しています

 

GH4ではコントラストAFであったが、GH5には空間認識AFという機能が追加され、GH4よりもピントフォーカス速度が速くなっている。

 

また、ピントの合う速度を調整することもできるようになっているので、撮影環境や撮るものに応じて変更できるようになったのは評価されるべき部分だろう。

 

AFについてはソニーα6500やオリンパス OM-D E-M1 Mark2に比べるとやや見劣りする点ではあるのだが、GH4と比較してみると格段に改善されているのがわかる。

 

以上が主な変更点だ。
このように高機能になったGH5は、GH4に比べて販売価格が2倍以上となってしまった。
しかしGHシリーズのフラッグシップ機として恥ずかしくないスペックには違いない。

 

 
トップへ戻る