GH4ユーザーが必ず持つべきアイテム バッテリーグリップとは

GH4ユーザーが必ず持つべきアイテム バッテリーグリップとは

パナソニック GH4ユーザーが必ず持つべきアイテム バッテリーグリップとは

バッテリーグリップ DMW-BGGH3

デジタル一眼レフカメラなどが比較的安価になり、趣味はカメラと答える人が当たり前のように定着している。

 

携帯電話でも遜色なく綺麗な写真が撮れる現代で、カメラを展開する各メーカーも機能の向上に力を注いでいる。

 

その中で今最もおすすめなのがパナソニックのLUMIX GH4だ。

 

パナソニック LUMIX GH4 標準ズームレンズキット

 

パナソニックのLUMIX、DMC-GH4は4K画質で動画も撮れる一眼レフカメラであるため、カメラ愛好家だけでなく動画クリエイターにも人気のあるカメラなのだ。

 

GH4は動画に強く、写真だけでなく動画も綺麗に撮れるためシーンに合わせて思い出を残すことができる。

 

このカメラを制限なく使用するために重要なことがバッテリーを長持ちさせることである。

 

GH4はビデオとして利用するユーザーも多いだろう。 長時間撮影できるバッテリーグリップがあると便利だ。

 

肝心なところでカメラのバッテリーが切れてしまったり、バッテリーが切れてしまう前に慌てて撮って失敗してしまった経験は無いだろうか。

 

筆者も同じく何度も悔しい思いをしてきた。
ここぞという最高の瞬間で電池切れを起こすほど悲しいことはない。

 

最近の一眼レフカメラは高画質・高性能だがその分電池の消耗も激しい。
バッテリーを複数購入している人も多いであろう。

 

もちろんそれでも全然かまわないのだが、私が強くお勧めしたいのがバッテリーグリップだ。

 

パナソニック GH4対応純正バッテリーグリップ DMW-BGGH3

バッテリーグリップで得られる3つの強み

 

バッテリーグリップは一眼カメラではお馴染みのアイテムだ。

 

ここではバッテリーグリップで得られる3つのメリットを挙げてみよう。

 

バッテリーグリップにはバッテリー以外にもいい点があり強くオススメしたい。

 

連続撮影時間が倍になる

 

バッテリーグリップは2個のバッテリーをカメラに装填できる。

 

バッテリーグリップ DMW-BGGH3

バッテリーグリップを使用するとバッテリーが切れることを心配する必要がほとんど無くなる上に、約1000枚を超える写真を連続撮影できるようになる。

 

動画撮影の場合は電池の消耗が早い。
DMW-BGGH3を使用すれば撮影環境や使い方にもよるだろうが、最低でも5時間は撮影できる。
連続撮影中に電池が切れる恐れがあるが、2個分あればたとえ電池が消耗してきても交換するチャンスはバッテリー一個よりも多くなるはずだ。

 

手ブレが抑えられる

 

バッテリーグリップはプロのフォトグラファーなら誰もが最初に購入するべきアイテムと言える。

 

その理由はカメラ自体を握りやすくし、撮影時の手ブレを緩和させることができるからだ。

 

大きくて重くなるのはデメリットだけではない。
新型カメラは小型化して持ち運びには便利になったものの、握りにくくて手ブレしやすくなっている。

 

GH4はバッテリーグリップを装着してもプロ用カメラのEOS5Dなどにくらべればはるかに軽い。

 

バッテリーグリップを装着したGH4は、撮影するときに持ちやすい形状になるためブレにくく、格段に撮影しやすくなる。

 

サイズと重量アップしてもその分手ブレを防ぎ、良い撮影ができる。

 

良い作品を作ろうと考えるならバッテリーグリップは必須アイテムではないだろうか。

 

プロのフォトグラファーっぽく見える

 

バッテリーグリップはとにかくカメラの見た目を変える。

 

バッテリーグリップを使用する人は合わせてベルトホルダーやハンドストラップを使用する人も多く、バッテリーグリップと併せてカメラに装着すれば、もはやプロのフォトグラファーに見られるのは間違いない。

 

あとはたくさん撮影して腕を磨くだけだ(苦笑)

 

パナソニック GH4対応純正バッテリーグリップ DMW-BGGH3

 

連続撮影時間が倍になる

手ブレが抑えられる

プロのフォトグラファーっぽく見える

 
トップへ戻る