LUMIXシリーズで4Kフォトが撮れる機種まとめ

LUMIXシリーズで4Kフォトが撮れる機種まとめ

LUMIXシリーズで4Kフォトが撮れる機種まとめ

GH4

パナソニックの一眼カメラ LUMIXシリーズは4Kフォト対応のカメラだ。

 

マイクロフォーサーズと呼ばれる規格のイメージセンサーを搭載し、レンズ交換式のGH4からコンパクトデジカメのLX100まで取り揃えている。

 

これにより幅広いユーザーに4Kフォトを提供してくれているのだ。

 

このエントリーでは4Kフォトが撮れる代表的な3機種を紹介する。3台のカメラはそれぞれ特長があり、販売価格も異なる。

 

4Kフォトに興味をもつカメラユーザーならぜひ参考にしてほしい。

 

パナソニック LUMIX GH4 標準ズームレンズキット

 

この動画ではジェットダイスケさんがFZ1000のテスト撮影してくれている。4K生動画が40秒前後から視聴できる。高解像で非常に美しい動画だ。4K動画を見たことがない人は是非確認してほしい。

LUMIXシリーズのフラッグシップ機 LUMIX GH4

 

4Kフォトが撮れる交換レンズ式カメラ パナソニックのGシリーズでハイエンド機種がGH4だ。

 

空間認識オートフォーカスを採用し、オートフォーカスの追従性を向上させている。

 

有効画素数は1,605万画素。防塵防滴構造のマグネシウムボディでずっしり重く高級感がある。

 

また、GH4は毎秒30コマの連続撮影が可能となり、一瞬の動きも見逃さない。

 

これだけの機能が搭載され、4Kフォトが撮れるのだ。これ1台で肉眼では認識できない一瞬も映像化、画像化することができる。

 

パナソニック LUMIX GH4 標準ズームレンズキット

 

LUMIXのフラッグシップ機

防塵防滴構造

4Kフォトが撮れる

 

16倍ズームレンズ搭載 レンズ固定式カメラのFZ1000

FZ1000

1.0型高感度MOSセンサーを搭載し、35mm判換算で25-400mm相当の16倍光学ズームレンズ LEICA DC VARIO-ELMARITを装備している。

 

手ブレ補正もあるためカメラとしてだけでなく、ビデオカメラとしても利用できる優れたカメラだ。

 

フルオートで気軽に4Kを撮るならFZ1000だろう。

 

FZ1000

 

1.0型高感度MOSセンサー搭載

16倍光学ズームレンズ搭載

フルオートで気軽に4Kを撮れます

 

マイクロフォーサーズ搭載の高級コンパクトデジタルカメラ LX100

LX100

マイクロフォーサーズセンサー・光学式手ブレ補正・ビューファインダーを搭載したパナソニックのコンデジ LX100も4Kフォトが撮影できる。

 

画素数はそれほど多くないが、高性能で明るいレンズを装備しているため画質や解像感も高い。

 

GH4ほど自由にマニュアル設定はできないが、コンデジで4K映像が撮れるコストパフォーマンスが高いカメラと言える。

ルミックス LX100

 

マイクロフォーサーズセンサーのコンデジ

最大開放F1.7で明るい

レンズがイイ。ライカレンズ搭載

 
トップへ戻る