LUMIX G9 PROと望遠レンズで上手に撮影するコツ

LUMIX G9 PROと望遠レンズで上手に撮影するコツ

LUMIX G9 PROと望遠レンズで上手に撮影するコツ

G9PRO

LUMIX G9 PROを購入したら合わせて使いたいレンズは望遠レンズでしょう。

 

G9PROはG8と比較しても重量やサイズも大きくなり、ソニーα7シリーズよりもずっしりと重くなっています。

 

「マイクロフォーサーズならもう少し軽くしてほしい」

 

と思うかもしれませんが、G9PROに望遠レンズを取り付けると実にしっくり馴染みます。

 

また6.5段分のボディ内手振れ補正は望遠端でも手持ち撮影ができるというのも魅力の一つです。

 

ではG9に最良の望遠レンズとはどのレンズでしょうか?

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 レンズキット

LUMIX G9 PROと高相性の望遠レンズ VARIO-ELMARIT 50-200mm

LUMIX G9 PROの望遠レンズとしておすすめなのが、LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH.です。
このズームレンズは35mmカメラ換算では、焦点距離が100mmから400mmになります。

 

35mmカメラで400mmと言えば超望遠レンズの範疇に入りますので、プロのスポーツ写真家が使うレンズです。
フルサイズで400mmのレンズとなると20万円は下らない上に、バズーカ砲のようなサイズです。

 

持ち運びには不便しますが、マイクロフォーサーズになるとレンズはやや安価で軽量コンパクトになります。

 

P1000484

写真は flickr LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 作品から引用しています

 

上の写真はLEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0のやや広角端(50mm)で撮影された写真です。
この望遠ズームレンズは、焦点距離が50mmの時に画角は24度です。
被写体からある程度距離をおいて撮影することになるですが、ポートレートでも使える焦点距離とも言えます。

 

広角端で撮影しているのでボケ感はありませんが、背景もシャープに写っているのが分かります。

P1000480

写真は flickr LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 作品から引用しています

 

上の写真は望遠端で撮影されています。焦点距離が200mmの時は画角が6.2度とかなり狭くなりますので、遠くの被写体を捉えるのに便利です。
望遠端ではボケが表れています。

 

 

また1.4倍と2倍のテレコンバータを使うこともでき、最大400mmの超望遠レンズになります。

100mmを超えるところでは三脚を使うのがオススメ

 

倍率の高い望遠ズームレンズでは、手持ち撮影で問題ない焦点距離もあれば、三脚等で固定した方が良いズーム領域もあります。

 

焦点距離が50mmから100mmの範囲であれば、G9PROであれば手ブレ補正の助けを借りることで失敗のない写真や動画が撮ることができます。

 

100mmを超えるあたりから三脚等が欲しくなりますね。

 

特に200mmでは画角が6度あまりと狭いですから、カメラ側で少し動くと被写体はその何倍も動いてしまいます。

 

G9PROにDG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0を装着した状態

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH

出典:https://camerasize.com/

 

動画撮影を機動的にしたいならば、一脚を使う方法もあります。
一脚でしたら持ち運び移動が比較的楽ですから、機動性を犠牲にすることは少ないでしょう。

 

他の方法としては、ジンバル等を装着しての手持ち撮影も可能かも知れません。

 

いずれにしても、100mm以上あるいはテレコンバータを使った撮影では、何らかの固定機材の助けがあると望遠レンズの性能をより引き出せるでしょう。

 

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mmはLEICAの名前が入っているので、一定以上の描画性能は保証されています。
実際どの焦点距離でも、あるいはどの絞りでも均一な描画性能を発揮します。

 

そして望遠領域は、これ1本でカバーできるところもおすすめする理由です。

 

ライカ DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0

その他の販売店の価格を調べる

カメラのキタムラ

ヤマダウェブコム

カカクコム

参考になるレビュー記事や動画

デジカメWatch

Kasyapa

フジヤカメラノブログ

 
トップへ戻る